PCトラブルに悩む

昨日、今日と曇りで時折小雨模様の冴えないお天気でした。

私もお天気と同じく冴えないです。

このところPCトラブルで悩んでいます。

1つはPCの動作が遅い事。

もう1つはワードでページ設定してカーソルを10段ぐらい付けておくようにしていますが、文字の種類が游明朝に変ってしまい、行が設定行数の半分ぐらいになってしまうことです。

文書を最後の行まで入力していくと設定した行数になりますが、途中で1行開けて入力すると行間が游明朝の行間になってしまい、予定の文書が1ページに収まらなくて次のページへと進んでしまいます。

1ページに収めるには、いちいち游明朝を直さなければならないのです。

富士通の有料サポートを受けましたが、確かな回答が得られていません。

文書を入力中に行間が広くなったら、その都度MS明朝に戻して入力しなければならないのです。

他の文字を設定していても同じで、常に游明朝に変ってしまい複雑なレイアウトで文書を入力するのに苦慮している始末です。

Windows10は游明朝が初期設定されていますが、私はMS明朝を初期設定にしてPCを使って来ましたが今まで問題はなかったです。

この問題が解決できないと広報紙「ささえあい5段の段組みで8ページ」は、スムーズに出来ないです。

マイクロソフトエッジが挿入されてから、色々と不具合が出るようになったと感じています。

これは私の勝手な考えでしょうか?

 

以前のようにスムーズにワードが使えるようにするにはどうしたら良いのか、どなたか良い対策があったら教えていただければ有難いです。

 

f:id:miyotya:20210417200415j:plain

整形外科へ行った帰りに撮った田園風景です。

 

f:id:miyotya:20210417200523j:plain

道路脇の高い木に絡まって藤がチラホラ咲き始めていました。

真下から見上げて撮りましたがスッキリした画像が撮れませんでした。

 

f:id:miyotya:20210417200756j:plain

ラストは我が家のツツジです。

冴えない時、花や解緑の風景に癒されます。

パソコン教室再開を決めた

朝から小雨が降ったり止んだり時には薄陽が射したりと、はっきりしないお天気です。

当市のコロナ感染者数が下降気味になってきて、サークルも地元の公民館で徐々に再開されてきました。

そこで、パソコン教室も5月の連休明けから再開することにしました。

公民館を使用するに当たって、コロナ対策の10項目の注意点があります。

その用紙を最初の教室の日に生徒さん方に配って守ってもらうことにしました。

勿論、教室の机、椅子、その他、手に触れるところは、皆で消毒液で掃除をしてから授業に入ります。

これは以前も徹底して行っていたことです。

それに1グループ3人の授業なので三蜜は避けられます。

生徒さん方にメールで連絡をして、体調不良や当日熱が37℃ある人は休むこと、マスクは必着の事と伝えました。

生徒さん方から喜びの返信が来ました。

私もテキストなどの整理をして準備を始めることにします。

 

f:id:miyotya:20210414171247j:plain

家の近くの空き地にムラサキツユクサが咲いていました。

今年は倒木の下になってしまい花数も少ないですが、離れた所にまだ蕾があるので咲いたら撮りたいと思っています。

大好きな花の一つです。

 

f:id:miyotya:20210414171518j:plain

別の場所で枯葉に止まっているベニシジミを見つけました。

徐々にそっと近づいて撮りました。

上手く撮れて良かったぁ!

 

f:id:miyotya:20210414171736j:plain

庭に大型のパイナップルリリーの新芽が出てきました。

7月頃に咲きますが花穂が30cmぐらいあります。

 

f:id:miyotya:20210414171903j:plain

娘夫婦から4月のプレゼントは越後名物「笹だんご」でした。

早速、3時のティータイムに美味しくいただきました。

娘夫婦には感謝です。

早苗が光る田園風景

日中の気温が18℃と気持ちの良い晴天になりました。

午後2時半頃に夫が釣りから帰ってきて「隣の集落で田植えの終わった田んぼがあるよ」と言うのです。

昨日、田植え風景に出会えないままのウォーキングでガッカリしていたところだけに、田植え風景を撮らなければ・・・そこで午後3時半頃からウォーキングに出かけました。

 

f:id:miyotya:20210412191451j:plain

代掻きが終わって田植えを待つばかりの田んぼに、何匹ものスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)がゆっくり歩いていました。

調べてみたら、この貝は1981年に食用として東南アジア方面から輸入されて、味が悪くて養殖場から逃げ出したり廃棄されて野生化したもので今は至る所にいます。

田植え直後から2週間ぐらいの早苗を食害して被害が大きく、農家では駆除に手を焼いています。

苗が活着して勢いが出てくると硬くなるので食べなくなるそうです。

 

f:id:miyotya:20210412192243j:plain

田植えが終わったばかりの田んぼを見つけました。

水田の水鏡に青空と木々が映って爽やかな風景です。

満たされた気持ちでしばらく見とれていました。

 

f:id:miyotya:20210412192533j:plain

別の場所で、早苗が植えられたばかりの2枚目の田んぼを見つけました。

こちらも水鏡に青空と木々が映って気持ちの良い風景です。

 

今日は田植えの終わった田んぼを4枚見ることが出来ました。

私は傍観的立場から田植え風景を眺めていられますが、農家にとっては大変なご苦労がある事と思います。

第一、米の価格が安くて機械代、肥料代、除草剤、などを差し引いたら利益がないと云われています。

だから、高齢になって米作りが出来なくなれば後継者もいないし農業は終わりだと、農家の方は話しています。

基幹産業である、農業経営が成り立たない現状は深刻な問題だと思います。

今、どんどん休耕田が増えてうっそうとした雑草地があっちこっちで見られます。

このまま進めば、戦後私達世代が経験した白米が食べられないような事が起るのでは?・・・そんなことが頭をよぎります。

 

f:id:miyotya:20210412194025j:plain

帰り道、道端に小判草が風に揺れていました。

 

今日は1時間で キロ数4.5km 歩数5.984歩 消費カロリー126kcal

脂肪燃焼率6g でした。

初めて1万歩のウォーキング

朝から良く晴れて清々しい日になりました。

そろそろ田植えも始まったのでは?・・・期待をしながら午前中ウォーキングに出かけました。

 

f:id:miyotya:20210411190515j:plain

3kmぐらい歩いたところで清々しい田園風景に出会いました。

田んぼ一面に水が張られて遠くの木々が水鏡に写ってとってもきれいです。

心身ともに浄化されていつまでもたたずんでいたい気分でした。

近くに田んぼを均している農家の高齢の方に出会い少し立ち話をしました。

この一角は毎年10日ぐらいに田植えが始まりますが、今年は少し遅れているそうです。

田植え風景を撮れなくて残念でしたが、農家の方とお話が出来て良かったです。

 

f:id:miyotya:20210411191307j:plain

次の田んぼ中を歩いていると農道の縁に、チガヤが風に揺れていてきれいでした。

チガヤの若い花穂をツバナといってほのかに甘くて食べられます。

子供の頃に友だちと競争で若い花穂を食べた事を懐かしく思い出しました。

チガヤは薬効効果があり、膀胱炎、腎炎、むくみなどに効くということです。

 

f:id:miyotya:20210411192124j:plain

神社の草藪にイモカタバミが咲いていました。

今年初めて見ました。

 

f:id:miyotya:20210411192238j:plain

農道を歩く先々でベニシジミが飛び交っていましたが、ようやくハルジオンの花に静止しているところを撮ることができてラッキーでした。

 

今日は1時間30分で キロ数7.8km 歩数10.076歩 消費カロリー223kcal 

脂肪燃焼率11gでした。

初めて1万歩歩きましたが流石に少し疲れました。

 

f:id:miyotya:20210411192824j:plain

我が家のツツジも満開になり、毎朝眺めるのが楽しみです。

赤いそら豆(ハツヒメ)の生長を見守る

晴れたり曇ったりで少し肌寒い日になりました。

 

f:id:miyotya:20210408171104j:plain

昨年の11月中旬に、野菜農家のMさんから戴いた10本の赤いそら豆(ハツヒメ)の苗がこんなに大きく育ちました。

沢山の花が咲き、小さなサヤが顔を出しています。

 

f:id:miyotya:20210408171323j:plain

一番早く育ったサヤが4cmぐらいになりました。

 

f:id:miyotya:20210408172848j:plain

収穫出来るようになるとこんな感じになります。

(画像は以前Mさんが栽培したそら豆を撮影したものです)

順調に生育すれば4月の下旬から5月の上旬に収穫できると思います。

今から楽しみです。

 

f:id:miyotya:20210408171457j:plain

ところが、先端のまだ開かない若葉にアブラムシが沢山付いていて葉を食べて花まで食べています。

良く見て駆除しているのですが、近くに必ず蟻がいます。

蟻とアブラムシは共生関係にあり困ったものです。

毛虫も葉をムシャムシャ食べていて見つけると駆除しています。

 

f:id:miyotya:20210408172042j:plain

葉っぱに1匹のナナホシテントウムシを見つけました。

ナナホシテントウムシはアブラムシが大好物です。

アブラムシを沢山食べて駆除してくれると良いのですが。

 

f:id:miyotya:20210408172256j:plain

ナナホシテントウムシの幼虫も1匹見つけました。

頑張ってアブラムシを沢山食べて駆除してほしいです。

消毒はしたくないので、テントウムシに頼らずに毎日私がアブラムシを駆除するようにしなければ。

 

f:id:miyotya:20210408174000j:plain

スナックエンドウも元気に生育しています。

同じ株に青い花も咲いていて不思議です。

ウグイスの声を聞きながら歩く

晴天で気持ちの良い春日和になりました。

最近、全自動洗濯機に不具合が出るようになって、午前9時過ぎに知り合いの水道業者に見てもらいました。

給水ホースの元から少し水が出ているので、ホースを抜いて購入店に持って行って同じものを購入してください。と言われました。

排水の方も点検してもらって異常はなかったです。

業者に注文すると、部品をメーカーから取り寄せ日数もかかり値段も高くなるからその方が良いですよ。

後で調査費だけ請求させていただきます。

という事で一安心しました。

明日購入店に夫が行ってくると言います。

 

お天気も良いので午前11時過ぎにウォーキングに出かけました。 

f:id:miyotya:20210407173921j:plain

若草色の新芽がきれいな木々が青空に輝いていました。

近くでウグイスのさえずりが気持ち良く聞こえました。

 

f:id:miyotya:20210407174217j:plain

青空にスッキリした田園風景です。

遠くの林の木々も若緑色に変って爽やかです。

 

f:id:miyotya:20210407174510j:plain

ベニシジミがハルジオンの花の蜜を吸っていました。

静止するのを待っていましたが、その内に飛んで行ってしまいました。

 

f:id:miyotya:20210407174705j:plain

一面スギナに覆われた中に1輪のナガミヒナゲシが咲いていました。

ちょっとステキ!

 

f:id:miyotya:20210407174929j:plain

住宅地に戻ってきて道路脇の林にサルトリイバラの花が咲いていました。

花が細かくて良く撮れませんでした。

秋になると赤い実を付けるので合成写真にしてみました。

 

今日は1時間10分で キロ数4.5km 歩数6.485歩 消費カロリー105kcal

脂肪燃焼率7g でした。

いただき物・・・春の恵み色々

朝から小雨が降っていましたが、午後になり曇りに・・・そして風が強くなって少し肌寒くなってきました。

 

f:id:miyotya:20210405145822j:plain

一昨日、ご近所の友人から蕗の薹をいただきました。

こちらでは蕗の薹は姿を消して蕗が生えて来ました。

終わり初物で有難いです。

 

f:id:miyotya:20210405150214j:plain

天ぷらよりも蕗の薹味噌が良いと我が家の主が言うので、米麹味噌を使って蕗の薹味噌を作りました。

蕗の薹の色がきれいに出て、見た目にも食欲をそそり甘口で美味しくできました。

 

f:id:miyotya:20210405150647j:plain

昨日は妹から、家で採れたタケノコを茹でてあるから遊びがてら取りに来ないかと電話がありました。

もちろん、即OK!・・・午後から出かけました。

手土産は妹の大好きな柚子マーマレードです。

甘口味噌を入れて柚子味噌ドレッシングを作り、温野菜や豆腐にかけると美味しいと話しました。

2時間ほどお茶をご馳走になりながらおしゃべりをして帰ってきました。

 

f:id:miyotya:20210405151331j:plain

帰りがけに蕗も採ってくれました。

蕗の薹・蕗・筍と、春の恵みが揃って嬉しいです。

 

今夜、タケノコご飯を作り、蕗の佃煮も作ることにします。

それに、三つ葉の卵とじ汁も。

 

f:id:miyotya:20210405152739j:plain

我が家の槙塀の中にヤマブキが咲き始めました。

鮮やかな黄色い花弁に見入ってしまいました。